image description

一生モノになりうるクオリティ とにかく頼れる「仙田の帆布

senda

「帆布」通称キャンバス、古くはズック。

もともとは、船に張る帆に使うための、
厚手で丈夫な布として作られたのが始まり。
現在では、身近な生地として、カバンや雑貨などを中心に大活躍。

使い込めば使い込むほどに味となり、
とにかく丈夫なくせに、どこか優しさも滲み出ている、憎い存在。

そんな"仙田の帆布"を、種類・色数豊富に集めました
この機会に、一生モノの帆布を見つけてください。

《帆布の号数について》
1~11までの号数があり、
号数が小さくなるほど厚くなり、大きくなるほど薄くなります。
参考までに、世界的に有名な某ブランドのトートバッグが大体6号ほどになります。

PAGE TOP